2020.01.06

機能と安全性が充実したコミュニティアプリ「konoMi Space」の開始

リトルソフト株式会社(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:長尾 寿宏)は、様々なお客様のコミュニティ活動を促進する 「konoMi Space」をiOS・Android向けのアプリケーションとして、2020年1月6日から開始しました。

開発の背景

プライベートでも仕事でも、何かしらのSNSやチャットアプリをスマートフォンに入れてコミュニケーションするのが当たり前になってきました。 目的に応じて、チャットアプリ、スケジュール管理アプリ、ファイル共有アプリなどを選び、仲間と繋がり、コミュニティを作る人が多い時代です。

しかし、従来のSNSや複数のアプリでコミュニティを運営していると、関係者以外のユーザーとも繋がって、個人情報や、機密性が求められる情報の漏洩に気を配ったり、 それぞれのアプリが連携せず、情報の整理が面倒などの不満もよく聞かれます。また、SNSやチャットから流れた情報が、思わぬところで炎上してしまう危険を感じられる方も少なくありません。

このような課題を解決し、誰もが安全で便利なコミュニティを持っていただくため、konoMi Space を開発いたしました。

konoMi Space でできること

スマートフォンにアプリをダウンロードし、自分のコミュニティとなる「スペース」をつくって参加者を招待するか、他の「スペース」から招待を受けて参加することから始まります。

スペースのオーナーだけが招待状を送る権限を持ち、身元の明らかな参加者の集団としたり、あるいは参加者も招待状を送れるようにして、 共通の価値観を持つ自由な集団にしたり、目的に合わせてコミュニティを形成できます。もちろん、参加希望者を承認する、拒否する機能もあります。

Eメールによる招待状の送付に加えて、LINE、Facebook、Twitter、Instagram の知り合いも招待できます。 異なるSNSに点在する人たちをkonoMi Spaceに集めて、カレンダー、ファイル、フォルダー、アルバムなどの 情報共有をしながらチャットや記事投稿で対話できる、充実した機能を備えているのが大きな特徴です。

さらに、複数のスペースを運営しながら他のスペースにも参加できるので、様々なコミュニティをkonoMi Spaceひとつでカバーできます。 情報はそれぞれのスペース内に管理され、スペースの外に流出する心配はありません。

無料で利用できる

無料で利用できるフリープランは、アップロードのデータ量に1Gバイトの制限がある以外、全ての機能が利用可能です。スペースは幾つでも作れて、参加人数の制限もありません。

家族や親しい友人などの数人で、クラブ活動やPTAなどの団体で、スモールビジネスの環境で、konoMi Spaceは現代社会にマッチした、 安全で利用しやすいネットワークコミュニティ空間を提供し、様々なコミュニティ活動を応援していきます。